• 取引時間:9:00~25:00 年中無休
  • 注文受付:24時間受付中(自動返信)
  • 電話番号:03-4656-1716 (9:00~25:00対応中)
E-mail:info@rmtssp.jp

※ご注文は相応ゲームの注文
フォームよりお願い致します。

http://www.rmtssp.jp/mobile/携帯電話で上記バーコードを読み取り、携帯サイトにアクセス!
  @



携帯電話のメールアドレスを上記フォームに入力し、「このアドレスに送信」ボタンを押すと、「RMTSSP」の携帯用サイトのURLが記載されたメールが届きます!
ホームFF14 RMT新インスタンスダンジョン,二つの既存インスタンスダンジョンのハードモード【FF14 RMT】
FF14 RMT

新インスタンスダンジョン,二つの既存インスタンスダンジョンのハードモード【FF14 RMT】
作者:RMTSSP公開時間:2014-05-28

 パッチ2.3のタイトルは「エオルゼアの守護者」になるという。このパッチでは,新た な討伐コンテンツ「ラムウ討滅戦」と,新インスタンスダンジョン,二つの既存インスタンスダンジョンのハードモード,そして今回のライブ配信では詳しい紹 介はなかったが「クリスタルタワー」の続きや大規模PvP「フロントライン」などが追加される予定だ。
FF14 | ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア
「蛮神ラムウ」と対峙する「ラムウ討滅戦」だが,蛮神のなかでこれまで静観していたラ ムウとなぜ戦うことになるのか,メインストーリーに注目だ。今回実装されるのは「真ラムウ討滅戦」および「極ラムウ討滅戦」になり,パッチ2.2の真リ ヴァイアサンと同様に,メインストーリー上で真ラムウ討滅戦に挑戦することになるようだ。
なお,蛮神ラムウのドロップアイテムはアクセサリーがメインとなり,蛮神武器は“ちょいちょい見かける程度(吉田氏)”で,アイテムレベルは100となるという。また,極ラムウでも蛮神マウントが入手できるとのことだ。
FF14 | ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア FF14 | ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア
FF14 | ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア FF14 | ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア
新インスタンスダンジョン「財宝伝説 ハルブレイカー・アイル」は,ラノシア南東にある諸島の一つに存在する島で,ボスモンスターとして「クラーケン」が登場する。入手できる報酬のアイテムレベルは,ぎりぎりまで調整するそうで,詳細は後日になるとのこと。
FF14 | ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア FF14 | ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア
FF14 | ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア FF14 | ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア
また既存インスタンスダンジョンのハードモードとして登場するのが「惨劇霊殿 タムタラの墓所」「城塞奪回 ストーンヴィジル」だ。
名称からすでに危なさが漂うタムタラハードだが,内部も赤を基調にした怪しい雰囲気になっている。果たして,どんな惨劇(?)が待ち受けているのだろうか。
一方のストーンヴィジルハードは,ドラゴン族に占拠されていた城塞を取り戻すという展開になるようだ。ノーマルモードで,城内に飛来してはファイアブレスを吐いていたワイバーンとも今度は戦えるらしい。
FF14 | ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア FF14 | ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア
FF14 | ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア FF14 | ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア
FF14 | ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア FF14 | ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア
FF14 | ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア FF14 | ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア
新システムとしては「アイテムサルベージ」が登場する。これは武器,防具,家具,さらに一部の魚などの所持アイテムを分解して素材を取り出すというもので,クラフタークラスごとに「サルベージスキル」が用意されるという。
このスキルは,クラフターのレベルが30以上になると取得できるが,スキルレベルが低いうちは,アイテムレベルの高いアイテムは分解できないとのこと。また,全クラフトのサルベージスキルを最大にはできない仕組みで,スキルレベルの合計が上限までくると,どれかが上がるとどれかが下がるというシーソーになるという。どれかのクラフトに特化するのか,バランス良く上げるのか悩ましいところだ。
なお,その時点のパッチでアイテムレベルが最高のものは分解できないとのこと。
同じく新システムとなる「モブハント」は,「リスキーモブ」に指定されたモンスターを倒して,ポイントを溜めるという内容だ。
リスキーモブにはS/A/Bのランクが設定されており,ランクが高いモンスターほど得られるポイントが高くなるとのこと。加えて,ウィークリーおよびデイリーで指名手配されたリスキーモブを狩ると,さらにポイントが加算される遊びもある。
モブハントのポイントは,ここでしか入手できないアイテムのほか,いわゆる神話装備との交換に使えたり,上記のアレキサンドライトとの交換(パッチ2.3以降)もできたりするとのことだ。
FF14 | ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア
そのほか,プレイヤーから寄せられた質問に対する吉田氏の回答をいくつか紹介しよう。
現在,新生FFXIVのコンテンツの多くが,決まった手順をトレースして攻略するような内容となっている。ランダム要素のあるコンテンツを実装しないのかという質問に対して,例えば攻撃のパターン(ターゲットなどがランダムなものは存在する)にランダムな要素を入れることは難しくないが,クリア可能なバランスに調整できるか責任が持てなくなってしまうため,完全なランダムにはしていないという。一方で,何事も経験ということで,パッチ2.3で追加されるダンジョンの一つが,ランダム性の強いボスになっているらしい。そこで,ランダムになった戦いを見て,フィードバックしてほしいとのことだ。
また,チャレンジ要素として極めて高難度のコンテンツを実装することも検討しているとのこと。このコンテンツの報酬は,称号だけになるそうだ。
ニコニコ超会議3でも言及された黒魔導士の強化については,パッチ2.3で単体DPSの底上げを基本とする調整が施されるという。ただし,ほかのジョブとのバランスを鑑みた調整となるとのことで,単純に強化されるわけではないようだ。
また黒魔導士以外のジョブも,パッチ2.3にて実装予定の大規模PvP「フロントライン」に向け,PvPアクションの見直しを予定しているという。こちらの詳細は,あらためて発表される。
外部ツールの使用については,スクウェア・エニックスの公式見解としては当然NGだ。一方,ログを読み取って計算し,結果を表示するようなツールに関しても「聞かれたら,ダメと答える」とコメントしている。
関連してDPS表示に関しては,それがプレイヤー間で強要されてしまいかねないため,コンテンツ中で使えるものは実装する予定がないとのこと。ただ,腕試し的なコンテンツをゲーム内に導入することは検討していくという。
そのほかパッチ2.3では,バディのスキル振り直しや限界突破を予定していること,新しいクリスタルタワーでアイテムレベル110強化に必要なアイテムがドロップすることなどが明かされた。
【FF14 RMT】通貨売買URL:http://www.rmtssp.jp/rmt/61_FF14.html